SKE48

SKE48 Mobile for SMARTPHONE

野島樺乃オフィシャルブログ

SKE48野島樺乃.

こんにちは



今日は6月30日。
SKE48野島樺乃として活動する最終日です。
2015年から加入し約6年間(合格から約2300日)
短くてあっという間、でもとても深く濃い時間を送ることが出来ました。

加入してまもない頃から大きな夢を掲げて、
したいことや叶えたい夢は沢山あるのに、
思いだけが先走って自分の実力が伴わない不甲斐なさ、もどかしさ、悔しさ、難しさ、
色んな感情をSKEで学ぶことができました。


上手くいかないことがあるから、
その時経験した思いを次のステップに生かせる。
上手くいかないことがあるから、
ハングリー精神や情熱や本気が生まれる。
上手くいかないことがあるから、
自分に可能性を感じることが出来る。

上手くいかないだけでどれも"失敗"ではないかなって。

自分で低迷期があったと言っているけど
低迷期=失敗、どん底、腐ったとかじゃないんだよね。

その時上手くいかなても、その経験が今の自分に生きていると思えるなら、そして昔があるから今の自分があると昔の自分を自分自身がカバー出来ているなら、昔の自分は本当にいい経験をすることが出来ていたし、何一つ失敗や間違いなんて無かったんだと思うことが出来るかなと思います。

私は、色んな経験があったからこそ今の自分がいるって思っています。

歌で色々なお仕事をさせていただいてから、
周りの方からの声も、ありがたいことに沢山頂きました。その場を重ねる度、私は本当の自信というものに何となく気づけて自分のものにしていけたのかなとも思います。

人間だれしも、人に認められるって本当に大事なことなんですね...。
自分が幾ら頑張ってアピールしていたり
できていると思い込んで自信に満ち溢れていても、
結局は周りの方からの評価や生の声、誰かに認めてもらう、という事をどこか心の片隅でいつもいつも待っていたんだろうなと思います。

特技は"歌"と胸を張って言えるようになった
今の自分に出逢えて良かったです。

歌唱力のイベントが私を輝かせてくれました。
変えてくれました。
ありがとうございます。

そしてここからはファンの方々へ。


約6年間、SKEに加入していないと出逢うことが出来なかった大切な大好きなファンの方々。
自分のことのように、自分以上に喜んでくれたり悲しんでくれたりと感情に寄り添ってくれる皆さん。
応援にあたってたくさんの体力、時間を使いますよね。毎日の癒しになれていましたか??
皆さんの毎日の活力のもとになれていましたか??

私が皆さんに元気や笑顔をお届けしないといけないのに、私こそファンの方々から毎日元気やパワーを貰ってばかりでした。

握手会。
あの特別な空間は私も忘れられません。
沢山の絆を育んできましたね。
沢山の応援、愛をいただきました。
色んな場所に行ってファンの方々は遠征をして
またあしたねって、5日間くらい連続で会ったときも
ありましたね。懐かしい。笑
握手会で選抜入り、歌唱力優勝など嬉しい報告できた時はそれはもう私にとって幸せな時間でした。
ファンの方々の笑顔をみれて、ファンの方々の喜ぶ姿を見ることが出来てこれ以上の幸せはないと思いました。私がすべきことは私らしく、ファンの方々にこうして一つ一つプレゼントを渡していくことだって。

劇場公演。
普通の女の子だった中学生の私を可愛い衣装
メイク、証明ステージで輝かせてくれました。
そしてファンの方々が沢山の"かのちゃんコール"で
私を応援してくれました。
ああ1回でもいいから
生の"かのちゃんコール"劇場に飛び交う"コール"
聞きたかったなあ…
皆さんが思ってる以上に、劇場公演でのコールや応援サイリウム、私にとっては本当に本当に心の底から楽しい時間でした。

P4U。
これはもう...。
ファンの方々に感謝しかありません。
どれだけの時間と体力、愛を頂いたか。。。
本当にありがとうございます。
どれも素敵な曲ばかり。
最終順位3位。過去最高順位です。
本当に本当にありがとうございました。

ああ。あの時恥かいたのも懐かしい。笑
焦って変な嘘つくとかじゃなくて、
正直すぎる自分に今でも思い出して笑ってしまう。笑


選抜。
SKEに入ってずっっと目指してきた選抜に
入れたこと。夢を叶えられてよかった。
そしてソロ曲もいただけて自分でも想像していなかった未来になりました。
ファンの方々と諦めずにこの景色を掴めてよかったなあ。

どれも私一人ではかなわなかった夢。
いつも支えてくれる、諦めずにいてくれる
ファンの方々がいたから叶えられたものです。


そばにいてくれてありがとうございます。



新しい道に行くことにあたり、
今の決断は悩みました。
沢山時間かけて悩んだ結果です。
覚悟を決め、人生を掛けてます。

休業や両立して、私自身が自分で2つ帰る場所を作っては自分のためにならないと思いました。
甘えてしまうから。
その場所に甘えないと決めていても
絶対に心のどこかでの甘えが出てくると思った。
次に進む『&』のメンバーみんな人生をかけています。そんな中、四人グループのうちの1人が2つ帰る場所を作ってしまってはいけないです。
みんなと同じ分の不安やプレッシャーや荷物、期待や夢を背負わないといけない。逃げ道を作ってしまってはいけない。

休業の選択をしても、それは同じで。
私が休業している間SKEで汗流して必死に頑張っている子達が沢山います。

2つの場所に同じパーセンテージで全力を尽くすってものすごく難しいことだと思う。
私の性格上お仕事に100%ぜっったいベスト尽くしたい人なんです。
だけど、追い込みすぎて、ベストを尽くせなくなったとき、自分への代償に耐えられないと思う。どんどん自己嫌悪に陥っていくと思いました。

だから自分が100%出せる道を選びました。
どんなときも自分が出来る最大限のベストを尽くしていきたい。

新しいことを始めるってこんなにも不安やプレッシャーや期待や夢が入り交じるんだね。
失うものもあれば得られるものもあります。
上手くいかないことがあればその経験を未来に生かすのみですよね。

私も初めての感覚に毎日毎日どきどきしています。
でもファンの方々がいるんだって。
思って心を落ち着かせてます。
何をするにもファンの方々の顔が浮かびます。

勝手すぎるかな?

応援してくださっている方々に喜んでいただけるよう
それと共に私も大きくなって行けるよう
精一杯頑張ります。


さようなら。じゃありません。
またね。です!!


どこに行っても、場所が変わっても
野島樺乃という本人はなにも変わらないよ!!
この先も応援してくださると嬉しいです。


7月からもよろしくね。


SKE48に出逢えて
経験し培って得たものを次のステージに生かします。
涙あり笑いあり恥あり、波瀾万丈なSKE人生。
お姫様のように輝かせてくれてありがとうございました。

大きくなって名古屋凱旋ライブいつかしたいです。
待っていてください。
そして応援していてください。
ライブみにきてくださいね。やくそく。





それでは、、、、、
約6年間のストーリーにここでピリオドを。
本当にありがとうございました。
SKE48大好き。
メンバー大好き。
スタッフさん大好き。
栄大好き。
ファンの方々大好き、愛してます。



SKE48野島樺乃の物語 完結.



2021.6.30 野島樺乃















このブログを読んでいる人は
このメンバーのブログも読んでいます。