SKE48

SKE48 Mobile for SMARTPHONE

研究生オフィシャルブログ

火星を目指す、はやかです。

力作ほど評価されないものだ。
これは誰だって経験しているはずだ。
自分で自信を持っている作品ほど、他人のからの評価は低い。
この現象に名前は無いのだろうか。
とてつもなく嘆かわしいものだ。
そして自分がイマイチだと思う作品が評価されるのもお決まりだ。
その作品が評価されればされるほど、なんとも言えない悔しさが心にねっとりとこびり付く。

もっと時間をかけたのに、もっと頭を使ったのに、もっと愛をこめたのに、もっと犠牲を払ったのに。

大体みんな、そんなもんだろう。

何故だろうか。
他人が期待しているものは、案外シンプルなものなのかもしれない。
結局期待などされてないのかもしれない。
他人が求めるものを出せなければ、それは自己満足と一緒なのだ。

ならばどうすればいいのか。
そう考えてしまったら本末転倒。
至って簡単な話だ。
ただ何も考えなければいいのだ。
こんなに簡単で難しい話はない。
考えないにはどうすればいいのか、人は考えてしまうからだ。
この問題を解決できた人間はいるのだろうか?
取り敢えず酒を煽ってみたに違いない。
それで解決するなら、それもまたありだろう。

私達は日々他人の世界で生きている。
どう抗おうが誰かの世界で生きている。
それでも抗う勇気があれば、どこまでも突っ走ればいいのだ。

と口で言うのは簡単だが、私には中途半端な勇気しかないので、どこまで走れば良いのか分からなくなる。
この道で本当に良いのだろうか、と考えてしまうのだ。

もうこの道しか無かろうに。

目指せ火星。
酸欠で死ぬのも含めてエンターテイメントだ。

いぇいいぇいおういぇあ

このブログを読んでいる人は
このメンバーのブログも読んでいます。